スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショットコールの基礎

試合中誰をどこに配置するのか、どのオブジェクトを狙うのか等を指示するプレイヤーのことをショットコーラーと呼びます。
まずは、なぜショットコールが重要であるのかを考えて見ましょう。

単純な所から言えば、チーム競技はチームが全員が勝つために同じ方向を向いている必要があります。
それをまとめるゲーム内監督の様な存在がショットコーラーといえるでしょう。

具体的に何故必要なのか例をあげて考えてみます。

たとえば、何かしらで差がついて、Aチームのお金は10K Bチームのお金は12Kとなった。としましょう。(1k=1000gold)

しかし、その後試合は何事もなく進行し、お互いがファームを続け、
Aチームのお金は20K Bチームのお金は22Kとなりました。

お互いに10K稼いだわけですね。

ここから考えられるのは、Aチームのコーラーが上手くチームを導きファームに徹することが成功した。
もしくは、Bチームのコーラーが有効な一打を持ってこれず、差を広げることができなかった。
ということになります。

というのも、10K 12K時点では金銭差は20%ですが 20K 22K時は10%です。
差がついた状態から同じゴールドを加算し続けるというのは負けているチームが得するということになります。

(今回は基礎の話なので、たとえばBチームの構成が間違いなく後半は勝てるので安定を優先した。等のパターンは置いておきます。)

つまり、コーラーの役目というのは、勝っているならいかに差を広げ、試合を早く終わらせられるか、負けているのなら、いかにその差を縮め、試合を長引かせるのか。ということになってきそうですね。

6.2パッチ現在特に重要なのがタワーを壊すことです。壊すだけで1k近いゴールドを得ることができ、敵の視界を奪い、前線をあげることが可能になります。そのために有効な手段は、有利を取っているレーンを更に強くし、スノーボール式に戦うことになります。
有利を取っているレーンであれば、相手が寄ってきた際の中規模集団戦の勝率が高く、タワーダイブができることもあったり、選択肢の幅が広いです。その際別にキルを取ることは絶対条件ではありません。ハラスにより敵を帰らせ、タワーを折るという選択肢はできるのであれば、かなり良い判断でしょう。

では勝っているチームのコーラーは具体的にどんな指示をするのか考えて見ます。

まずコーラーは折るタワー、もしくは取るオブジェクト(ドラゴン・バロン)を決定します。
それは、2-3分先のことまでを考える必要もあるかもしれません。(TPの有無、ミニオンのウェーブ状況等)


その際に最も重要になってくるのが、どこの視界を優先的に取るのかという点です。

例えばTopのタワーを折るのであれば、敵陣topサイドにワードをおく必要があるでしょう。
どこの視界を取ればいいのかを知りたいのであれば、大会の動画を見るのが一番いいです。

ドラゴンファイトが起きたなら、少し戻ってみて、プロチームはドラゴンを取るためにどんな視界コントロールをしていたのかを見てみるといいでしょう、そうすることで、必要なことが分かってきます。

なので、ワードを挿す位置を指示します。


そして最後に、最初に決めたオブジェクトを実際に取ることが出来るのかを考え、実行します。


流れ自体は単純ですね。

では低レートと高レートで、なぜ差が開くかを説明していきます。

プレイヤーの個人スキルは同じレート間なので大差はありません。しかしレベルが高ければ高い試合程、試合時間は短くなる傾向にあります。

なぜなら無駄な行動が少ないからです。

無駄な行動とは
・長時間に渡るチェイス
・オブジェクトに繋がらない戦闘
・オブジェクトを取れるタイミングでのファーム
・そもそも、どのオブジェクトを取れるのか分からないので何もしない

このゲームの目的は敵本陣のネクサスを壊すことであり、敵を直接倒すのはその過程で敵より差をつけたり、タワーディフェンスをさせないための1つの戦術に過ぎません。顕著にそれが出ているのがプロの試合です。1試合の合計キルが10キル程度しかない様な試合も見られます。

サイドタワーを折るのだってそうです。ミッドタワーだけ折って試合を終わらせることが出来るのであれば、他のタワーを折る必要はありません。
しかし、サイドタワーを折ることで、まず金銭差が生まれ、、反対サイドのタワーが壊しやすくなり、オブジェクトの管理もしやすくなり、敵チームとの差を付けることが出来ます。だからサイドタワーを折るんです。あくまでネクサスを壊すための一環だということを念頭に置くことを忘れないでください。

ネクサスを壊すために、CS差を付け、ドラゴン・バロンを取り、視界をコントロールし、集団戦をするんです。

コーラーがいかに重要なのかはもうわかりましたね!?

以前に書いた、「試合の終わらせ方」等も参考にしてもらえるといいかも知れません。
タワーを折る方法もたくさんあるんです。

どんなコールをするか普段から考えてみることで、Team RankだけでなくSoloQでの勝率も上がるはずです。
限界はありますが、pingでどこを攻めるべきかくらいは指示できますからね。

ちなみに負けているチームのコールはかなり難しいです、相手のミスをいかに拾い、敵に差を付けられないようにするかを考えなければいけません。 ドラゴン取られるからせめてトップタワーは取り替えそうとか、相手ドラゴン言った後瀕死になってる奴を倒そう、ドラゴン後にBotとMIDに帰る組で分散するだろうし待ち伏せてどちらかを倒してそのままタワーを折ろう。みたいな感じですね。

とにかく練習と膨大な知識と経験が必要になるので焦らずにとりあえずやってみることからはじめてください。
プロの動画から成功を学ぶか、自分でやって失敗を修正していくくらいしか上手くなる方法はありません!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。