FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビギナーADCガイド

adc   

 
重要!序盤の動き
 レベル1-2  序盤レーンの有利不利が決まってしまうことも多い。
というのも、先にレベル2になった側にレベル1の状態で当たられてしまうと、大抵の場合サモナースペルが落ちる、ヘタすればキルが生まれてしまうから。

具体的な対処法は二つ。
1. 敵より早く、又は同じタイミングでレベル2になる。
2.敵が自分たちよりもレベルが上がるのが早い場合は何もせずタワーまで下がる。
経験値が0からレーニングが始まり、二人で経験値を吸う場合 2ウェーブ目の前衛3体を取った時点で二人共レベル2になる。それを目安に、自分たちのミニオンの数が減っていて、思うように敵のミニオンを潰せていないのなら、次のウェーブが来るまでタワーまで下がってしまうべき。逆に言えば、先にあがるのが分かるなら、3体目を倒してからではなく2体目を倒したあたりから前にでよう。相手を下がらせることが出来るor下がらなければレベル差のある戦いが出来る。 序盤のミニオン数の差というのは本当に大きいもので、レベル1時前衛ミニオンから受けたのは5ダメージ 後衛ミニオンから受けたのは10ダメージだった。相手が上手い場合ミニオン差があると積極的にハラスをしてくるため絶対に応戦したくない。AA範囲外に出よう。その際の1-2csなんて後々を考えれば安い。(その際経験値は貰える範囲にいよう。)
 敵チャンピオンへのAAは、近くにいる敵ミニオンのターゲットを自分に向けるため、その状態で殴り合ってしまえばほぼ1v2のようなダメージをもらってしまうことになる。
加えてミニオン状況が不利ということは敵が先にレベル2になるということもお忘れなく。

レベルによるアドバンテージは能力上昇だが、レベル1から2に上がる際に最も大きいのはスキルが2つになることで、スキル2個vs4個になるということ。 その際にMorg Thresh Blitz等のQにあたってしまえばサモナースペルは100%無くなると言っても良い。そもそも射程に入ってはいけない。やむを得ずそうなってしまった場合、
CCに当たってからフラッシュを使うのではなく、スキルを避けるためにフラッシュを使おう。

CSは重要ではあるものの、捨てるべきCSを捨てるのも重要。1csのために30%ヘルスを削られて、その後取れたはずのcsを落としては意味がない。費用対効果を常に考えよう。相手のウェーブのほうが有利なのであれば敵ミニオンはあまり死なないため、下がったとしてもタワー下でcsをとればそこまでcs差がつくことはない。
CSのためにスキルを使うことは多くの場合問題ないので、気軽につかって調整しよう。 

 レーンでのポジショニングについて 
重要なのは、自分が相手2人から同時に殴られる状況を作らないように注意すること。逆に1vs2で殴れる状況を見つけ出すこと。(相手のポジショニングミスを見逃さないこと)
加えて、CCに当たるのも2人から同時に殴られる状況を生み出すといことをお忘れなく。
特にBlitzなんかは敵陣側に引っ張られて2人に殴られるため最悪の状況になる。
あとは先ほどのミニオンの有利不利や敵のジャングラーの位置などから前に出るのか下がるのか判断しよう。 
 

ハラスをするタイミング
わかりやすいタイミングは、敵がCSを取ろうとしているとき。 1v2で殴れるとき。
スキルや射程差を活かして一方的に殴れる時。
装備差や、パッシブ等を生かして、お互い殴り合ってもダメージ交換で勝てるとき。 

集団戦での役割を考えよう
 ADCが念頭においておくべきなのは、ダメージを出し続けるのが仕事だということ。
Atack Damage Carry なのだから当たり前とはいうものの具体的に何をするのか。
基本武器のみを積むため、ドラゴン・バロン・タワー等のオブジェクトを取る際や敵チャンピオンへのダメージをたくさん出すことができる。
そのためには集団戦で生き残らなければならない。
ただダメージを出すのであれば、melee(近接攻撃)チャンプやAP系のチャンプでもいいような気がするが、
ADC(marksman)の強みは遠距離攻撃かつ、通常攻撃が強い点。
近接チャンプであれば、敵に殺されやすく、APチャンプはスキルクールダウン中が弱点になるが ADCは常に強い。  敵味方の構成や誰が育っているのかなどでポジショニングや狙いが常に変わってしまうため、試行錯誤が必要になってくる。 
可能であれば敵のダメージ源を殺したいし、無理ならば安全な位置で前衛を殴る時もある。負けている時に多少ギャンブルにはなるものの先陣を切って戦場のど真ん中に行かないといけないこともある。
特に意識するのは敵の大ダメージスキルと強力なCCスキルのクールダウン、そして誰をフォーカスするか。

レーニングにおいて意識すること
・2vs2で勝てるのかを常に考える 勝てるなら強気に、勝てないならファーム重視。
・相手のミスを見逃さない、自分が攻撃できる機会を常に伺う
・csをとにかく重要視する。正し捨てるべきcsがあることも念頭に置いておく。(csを捨ててでも倒しに行く、取ってしまうと大ダメージをくらうから捨てる等。)
・ガンクを警戒する。 敵jgやmidレーナーがどこにいるかわからない時、味方のtpが無く相手だけある場合や、味方topが大敗している場合は、
ハラスよりも敵のCCに当たらないことを心掛ける。敵がガンクを狙っている際、CCに当たった時点で死亡が確定してしまう場合も多い。もちろんパンテオン、フェイト等のウルトが相手にある場合も同様。さっきまで慎重に動いていた敵が突然オラオラと前に突っ込んでくる等、ガンクのサインも見逃さないようにしよう。 よくある、「相手のjg 5回も俺のとこ来てる><」というメッセージは、何回もgankされてるから自分が負けてるのは仕方がない、とか「味方仕事して」という意味を込めたものだと思うし、事実張り付かれるとつらいものだが、Fakerはあえてガンクされやすい状況を作りそれをいなすことで、チームに多大な利益をもたらしているために勝率が高い。ガンクを受けない技術も、LoLの勝率を上げる重要な技術の1つ。

具体的な例えを書いた記事もあるのでよければこちらも→『
Botのレーン戦  LoLで勝つには
ここまでで得たある程度の知識に加えて、マッチアップの有利不利を知っておく必要がある。
jinx,vayneは序盤弱いとか、Gravesはpassiveのおかげで殴り合いに強いみたいなADCの知識だけでなく、2vs2である以上サポートの性能等も知っていないといけない。サステイン(回復)持ちの相手に小競り合いをたくさんおこしてしまえば相手は回復するのに自分の体力は減って行くだけだし、pokeサポート(遠距離スキルでじわじわ削ってくるやつら)のスキルに当たり続ければもちろん体力差が開いて厳しくなる。

ただそこにLeonaやAlistarの様に突っ込んで突発的な殴り合いを起こせるチャンピオンによって無理やりengage(簡単に言ってしまえば戦闘開始)されてしまえばpoke系のサポートは負けてしまう。 といった様に、マッチアップによって行動を変えなければいけない。

そして最終的に、これらの知識を踏まえた上で、相手に格ゲーで勝たないといけない=相性が悪い相手でも、実力差でねじ伏せることが可能。もちろんドラゴン管理、ワーディング、gankで人数差をつける等頭を使ったマクロ面のプレイングもこのゲームの大半を占める。そこにプレイする技術というのも重なってプレイヤーの力量となるため、スキルを当てる避ける、csを取る邪魔する、正しいポジショニングを取る練習をしなければならない。


プロプレイヤーというのはどちらかというと montageレベルのスーパープレイをたくさんできるから強いというよりは、基礎的なプレイを確実にできるから強い。それに加えて時々信じられないようなプレイもできるから相手に勝てる。とにかく大事なのは基礎だということをしっかりと覚えておいてもらいたい。
調子が悪い時は休憩して別のことをしてみたり、動画を見るのもオススメ。(特に初心者は動画を見るのはプレイするよりも大事かも?)


こんなクソ長い記事を頑張って読んでくれた方々が一つでも上のランクに上がれることを願っています!!

51%勝てればランクは上がり60%勝てるならそのレート帯では化物です。55%ぐらいの勝率を目指せると最高です。
つまり40%以上負ける試合があるので負け試合をそこまで気にする必要はありません。
味方の悪いところを探す前に自分の悪かったところを探しましょう。


味方のサポートがひどいならおとなしくファームをする。意味不明なタイミングで突っ込んでいたサポートに合わせて一緒に死んだならADCも悪い。耐えて耐えて集団戦で力を発揮すれば良い!!!頑張って!
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。